【オクトパストラベラー大陸の覇者】リリース前にキャラクターの関係性を分析!使用キャラクターの参考に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、じゃぶじゃぶ(@jbjbgame)です。

シリーズ最新作「オクトパストラベラー大陸の覇者」のリリース、10月28日(水)を前に正座待機しています!!

ですが、直前に使用可能キャラクター一覧を見てびっくりしました!!

今回使用できるキャラクターの数は全部でなんと64人もいるんですね!前作は8人だっただけにかなりのポリュームアップです。

しかも本筋のメインストーリーのほかに、64人のサブストーリーがちゃんと用意されているというから驚きです。

こんなに人数が多いと誰を使っていいか迷ってしまいますよね。そこでリリース前に公式ホームページを熟読して、各キャラクターの関係性を調査しました。

地方や職業ごとなどいろいろな分類の仕方があると思いますが、今回はキャラクター説明を読んでそれぞれの共通点や物語に関係しそうなものを中心に勝手に整理したのでご紹介します。

※前作のオクトパストラベラーのネタバレ内容が一部含まれていますのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

キャラクターの関係性を分析

本記事は公式ホームページのキャラクター一覧を参考に作成しています。

上図は今作のMAPになります。これは前作と全く同じ地形になっていますね。

そしてこれがキャラクター一覧です。人数の多さに圧巻です。これはキャラクター選びがかなり大変そう!

取り合えずキャラクター詳細の説明を読み漁って関係性をまとめました。

 

 

聖火教会・聖火騎士団

・ミロード

・マイルズ

・パール

聖火教会は前作にも登場した、フロストランド地方にある教会のひとつです。聖火騎士団はその教団を守る騎士たちの組織になります。

前作の主人公の一人であるオフィーリアが所属していました。

今作ではその教団に所属するのが「ミロード」、「マイルズ」、「パール」です。オフィーリアとの関係性も気になるところです。

 

 

アトラスダム王立学院

・ノエル

・ソフィア

・ユニス

 

アトラスダム王立学院は聖火教会と同様、前作のオクトパストラベラーに登場した魔法学院です。

主人公の一人、サイラスが勉学を教えていた学院でもあります。

今作でアトラスダム王立学院に関連がありそうなキャラクターは「ノエル」、「ソフィア」、「ユニス」です。

 

 

商会所属

・ヘルガ

・ピア

 

商会に所属しているキャラクターが2名存在しています。”ロック商会”に所属しているのが「ヘルガ」で、”ラマス商会”に所属しているのが「ピア」です。「ピア」は商会長をしているんですね!この若さですごいです。

前作の商人といえば「トレサ」がいましたが、今作では登場するのでしょうか。

 

 

剣士・騎士

・ターヒル

・ジークリット

 

騎士としての宿命を持ったキャラクターも2名ほど見つけました。

「ターヒル」は祖父が”紅の剣士”という名高い剣士のようです。「ジークリット」は家系に剣聖はいないものの”剣聖グンダハル”の弟子ということで剣聖のカテゴリーに入れてみました。

前作に登場した”剛剣の騎士 オルベリク”と”烈剣の騎士 エアハルト”は今作で何をしているのか、気になります。

 

狩人

・ルーセッタ

・ベルトラン

・アシラン

 

狩人を3名ご紹介。

「ルーセッタ」は”白銀の弓”の元団員とのこと。なぜ”白銀の弓”を外れたのか分かりませんが、何か深い理由がありそうです。

「ベルトラン」は”隻眼の魔狼”を追い求める狩人。”隻眼”というと何か前作にも登場した「赤目」の存在を勘ぐって仕方ありません。どんなモンスターなんでしょうか!

「アシラン」はなんと”魔物使いの一族”の末裔らしいです!”魔物使いの一族”と言えば前作の主人公でもあった「ハンイット」と同じ一族ということでしょうか?モンスターの声も聞こえる能力を持っていると言ことにもなります。

アシランとハンイットの関係性が気なります。

 

 

八つ子

・サニー

・テリー

・ドリー

・コニー

・ビリー

・ペニー

・ハリー

・メニー

 

面白い関係性を見つけました。兄弟、しかも八つ子とおぼしきキャラクターを見つけました。

低めの身長でみんなフードを被っており、しかも名前が「〇〇ー」となっています。

面白いところはこの八つ子、8地方あるそれぞれの土地に分散していることに加え、8人が別々の職業に所属しています。さらに全員の影響力が「富」に統一されているので、メインストーリーでも関連性が深いのかもしれません。

これは八つ子を揃えて8人パーティを作れということか?

 

 

レッドバリー出身

・マヌエル

・グティ

・ディエゴ

・フリオ

・ホセ

・ウーゴ

・ホルヘ

・フアン

 

さらにもう一つ、面白い関係性を見つけましたぁ!

同じ地方出身者が8人もいました。その名もレッドバリー出身者。レッドバリーとはどこなのか?言葉じりのニュアンスから何か物騒な感じがします。

しかも、8人全員が男性キャラで、みんなどこか悪人感を感じるのは自分だけでしょうか。もしかしてレッドバリーはアウトローな土地なのか?

影響力は「名声」に全て統一されています。

アウトロー達も全部で8人いるので、案外レッドバリー出身者でメンバーを構成すると強いかも?

 

 

 

まとめ

今回、オクトパストラベラー大陸の覇者のキャラクタ‐の関係性をまとめてみました。

思いの外いろいろなキャラクターが関係性を持っていて、どんなストーリーを織りなしていくのか楽しみです。

本記事の内容はホームページのキャラクター情報を見て分析しただけなので、それだけではまだ見えない関係性がいっぱいあると思います。

もっと深いキャラクターの関係性は実際プレイしてみて、堪能していきたいと思います!

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました