[ディアブロ3:シーズン18]ウィザードプレイ日記#15  シーズン18の始まり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーズン18が始まりました!

自分はスイッチ版で遊んでいるので、2019年8月24日(土)午前9時からの開始になります。

今回はシーズンバフの「三位一体なる意志」や新スキル、新レジェンダリージェムなどが追加され、新たな楽しみ方が味わえることを期待したいです。

スポンサーリンク

シーズン18はウィザード

シーズン18は何のジョブでいくか、、、悩みに悩んだ結果選んだのが「ウィザード」です。

今回の目玉である「三位一体なる意志」がエリアに力の場が生成させる特殊なバフなので、基本遠距離で立ち回るウィザードと相性がいいじゃないか、、、という狙いです。

 

とりあえず難易度をエキスパートに設定し、[ワールドクエスト]->[ネファレムリフト]->[グレーターリフト]と進めて、レベル上げ+ビルドの基盤となるレジェンダリー装備を探していきます。

ネファレムリフトの周回で良さそうな装備が手に入りました。

「エッチングを施された印」です。

スキルは「<アーケイン・トレント><ディスインテグレイト><レイ・オブ・フロスト>発動中、アーケイン・パワーを消費するスキルのダメージが[125-150]%増加する。また、アーケイン・パワーを消費するほかのダメージ・スキルが1秒ごとに発動する」となっています。

<アーケイン・トレント><ディスインテグレイト><レイ・オブ・フロスト>の攻撃力がアップする上、ビルドにセットしているアーケインの消費スキルが自動で発動するため、実質同時に2つのスキルで攻撃できるようになります。組み合わせのバリエーションが多くとても面白いスキルです。

自分の場合は<ディスインテグレイト>と<ブリザード>の組み合わせを選択しました。<ディスインテグレイト>は火力が高く貫通力があり、<ブリザード>で範囲攻撃をので安全に戦えます。

一旦はこのビルドで行ける所まで行きたいです。

 

三位一体なる意志

シーズンバフの「三位一体なる意志」はゲーム開始段階から発動状態になっています。敵、もしくはオブジェクトに攻撃をヒットさせた瞬間に力の場が生成されます

力の場には3つの種類があります。

  • Power(赤):サークルに入るとダメージが100%増加
  • Resource Reduction(青):サークルに入るとリソースコストが50%減少
  • Cooldown Reduction(緑):サークルに入ると能力のクールダウンの減少

一回で大体7~8秒間くらいその場で発生し、その後消えます。ただ攻撃し続ければ一定間隔で発生しては消えてを繰り返してくれます。

発生する場所や種類もすべてランダムになっているようです。

 

力の場の発生場所はランダムなので遠距離攻撃ができるウィザードは相性がいいかも、という狙いは間違いではなかったと思います。 
ただし、近距離主体ビルドが不利かというとそうではなく、発生場所はランダムですが攻撃をヒットした対象付近に発生するため、常に遠距離から力の場を利用して戦うことはできない使用になっています

 

新レジェンダリージェム

今回のシーズン18では新しいスキルやジェムが追加されているようですが、一つ手に入りました。

それが「夢の遺産」というレジェンダリージェムです。

スキルは「セット・ボーナスを得ていない状態で、装備しているレジェんダリー・アイテム1つにつき、与えるダメージが3.75%増加し、受けるダメージが2%低下する」というもの。

シーズン17の悪夢の遺産バフが人気だったため、今シーズンではレジェンダリージェムで追加されたらしいですが、このジェムは扱いが難しそうです。

前回は1つのエンシェント装備につき700%くらいダメージが増加しましたが、このジェムでは2倍になったとしても7%程度です。さらに通常の悪夢の遺産と組み合わせることができなさそうなので、そんなにダメージアップが期待できないじゃないでしょうか。

 

まとめ

シーズン18初日の最終到達点は

 パラゴンレベル:59レベル

 難易度:トーメントⅣ

 グレーターリフト:レベル23

でした。

次回はシーズンジャーニーをクリアし、セット装備を揃えにいきたいです。

 

[次の記事]

[ディアブロ3:シーズン18]ウィザード 攻略日記#16 デルセアGR37
ウィザードの操作にも慣れてきました。防御力は低いものの、遠距離から高火力の魔法で攻撃できるのですごく楽しいです。今回はまずシーズン・ジャーニーをクリアしてセット装備を揃えるところから始めます。シーズンジャーニーⅠ~Ⅳクリア記事の初...

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました