【真 女神転生5】ボス戦・塔の悪魔「邪龍 ヒュドラ」攻略

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、じゃぶじゃぶ(@jbjbgame)です。

「真・女神転生5」の最初のボス、塔の悪魔の「邪龍 ヒュドラ」の攻略法についてまとめました。

ヒュドラの撃退にはいくらか運要素が絡みましたが、いくつか参考にしていただければ幸いです。

※記事内容には多分にネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

・参考リンク

 

スポンサーリンク

邪龍ヒュドラの攻略

ヒュドラのステータス

・属性相性

物理火炎氷結電撃衝撃破魔呪殺
無効弱点

・使用スキル

スキル説明
大暴れ+3敵全体に中威力の物理属性攻撃
蛇毒の息専用スキル/敵全体に中威力の呪殺属性攻撃。確率で毒を付与する
ファイアブレス+3敵全体ランダムに2~5回小威力の火炎属攻撃

弱点属性は「氷結」のみで、「火炎」属性は効きません

使用してくるスキルはどれも全体攻撃で、特に「蛇毒の息」と「ファイアブレス+3」はかなり強力なので気を付けたいスキルです

 

 

事前準備

ヒュドラの戦闘に向かう前にいくつか準備が必要です。

仲魔集め

使用する仲魔は以下の悪魔が望ましいです。

  • 氷結属性の攻撃スキルを持つ悪魔 × 2体
  • 全体回復スキルを持つ悪魔 × 1体

ヒュドラのは氷結属性が弱点なので、主人公含め基本は氷結属性スキルで攻撃ます。

そのため氷結属性スキルの持つ悪魔を2体用意してください。

最期の1体は回復要因で、全体回復スキルを持っている悪魔が望ましいです。

自分の攻略では以下のパーティ構成になりました。

アプサラス

氷結属性の攻撃スキルを豊富に持つアプサラスが仲魔にいると心強いです。

基本は敵単体なので「ブフ+2」を使用していきます。

アプサラスを入手するためには、魔界シバの洞窟で受注できるサブクエスト『誘惑する恋の精を倒して』をクリアすることが必要です

アズミ

2体目の攻撃要因の悪魔は「アズミ」です。他にもマーメイドでもよいですが、対象獲得するのに敷居が高くなるので、「アズミ」の方がオススメです。

アズミはシバ公園の水辺の辺りに、いっぱい生息しています。

エンジェル

回復役はエンジェルにしました。全体回復スキル「祝福+2」で全体の生存率を上げていく役目です。

 

「氷結の小秘石」「火障石」「闇障石」を購入する

主人公が氷結属性のスキルを覚えてない場合は必ず「氷結の小秘石」を買えるだけ購入してください。これが主人公のメインの攻撃手段になります。

さらに、ヒュドラの「蛇毒の息」や「ファイアブレス+3」を無効化するために、それぞれ「火障石」「闇障石」は忘れずに購入してください

 

マガツヒゲージをMAXにする

ヒュドラは短期決戦が良いので、最初から効果力で押し切る必要があります。

そのため、バトルを優位に進めることができるマガツヒスキルを使用するために、ボス戦前に必ずマガツヒゲージはMAXにしておきましょう

マガツヒゲージは野良の悪魔を倒すか、フィールドに点在する光る玉「マガツヒ(赤)」を集めることで溜まっていきます。

 

 

ヒュドラ攻略

ヒュドラは序盤は手強いですが、後半になるにつれて下火になります。

ヒュドラは残りHPが3割になると、7本の首が消えて大幅にパワーダウンします。
攻撃の勢いが止み全体攻撃の頻度も極端に下がるので、いかに早くHPを削れるかが重要。

序盤からマガツヒスキルを使用する

ゲーム開始から最大火力で敵のHPを削っていきたいので、戦闘開始からマガツヒスキル「禍時:会心」を使って行きます。

全ての攻撃がクリティカルになるので最大8回攻撃ができます。

基本は氷結属性スキルで攻撃します。主人公は氷結属性スキルを持っていなかったら「氷結の小秘石」を使用してください。

ヒュドラがマガツヒを集めたら、防御アイテムを使用する

ヒュドラがマガツヒを集め出したら、次のターンで「蛇毒の息」か「ファイアブレス+3」を使ってきます。

ヒュドラのターンになる前に「火障石」か「闇障石」を使用して攻撃に備えましょう。

毒ブレスか火炎ブレスのどちらが来るか分かりませんが、それは運です💦。

何回か戦闘した感じだと「蛇毒の息」の方が使用頻度が高い気がします。

ヒュドラの首が落ちたら、ひたすら氷結攻撃と全体回復

ヒュドラのHPが残り3割になったら、相手は大幅に弱体化します。

後は、エンジェルで「祝福+2」を使って全体回復しつつ、残りのパーティで氷結攻撃で倒し切りましょう。

 

下記の映像は、自分がヒュドラを撃退した際の映像になります。

 

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました